セキュリティリスク分析

アンチウイルス更新講座

本ページでは各種アンチウイルスの手動更新方法を解説します。アンチウイルスは自動で更新される事が殆どですが、更新する時刻が指定されている場合も多々あります。その場合、ゼロデイ攻撃(脆弱性発覚直後、対策される前にその脆弱性を突く攻撃手法)の被害を受ける可能性があります。重大な脆弱性や新型マルウェアの情報等が公表された場合、アンチウイルスは手動で更新する方が安全です。

ウイルスバスター(トレンドマイクロ社)

  1. デスクトップ下部のタスクバーからウイルスバスターのアイコンをクリックします。
  2. 表示されたメニューから「手動アップデート」をクリックすると、更新の確認及びダウンロード、インストールが行われます。

Windows Defender(Microsoft社)

  1. スタートボタンをクリックし、プログラムの中から「Windowsセキュリティ」をクリックします。

    Windowsのバージョンによっては「Windows システム ツール」フォルダの中に「Windows Defender」として存在する場合がありますので、そちらをクリックしてください。
  2. Windows セキュリティ画面が開くので、「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

  3. ページ内の項目から「ウイルスと脅威の防止の更新」を探し、「更新プログラムのチェック」をクリックします。

  4. 「更新プログラムのチェック」をクリックすると、更新の確認及びダウンロード、インストールが行われます。

マカフィー リブセーフ(マカフィー社)

  1. デスクトップ下部のタスクバーからマカフィーリブセーフのアイコンをクリックします。

  2. 表示されるメニューから「更新の確認」をクリックします。

  3. 自動的に更新の確認及びダウンロード、インストールが行われます。

カスペルスキー セキュリティ(カスペルスキー社)

  1. デスクトップ下部のタスクバーからカスペルスキーセキュリティのアイコンをクリックします。
  2. 表示されるメニューから「定義データベースのアップデートを実行する」をクリックすると、更新の確認及びダウンロード、インストールが行われます。

ノートンセキュリティ(Norton社)

  1. デスクトップ下部のタスクバーからノートンセキュリティのアイコンをクリックします。
  2. 表示されるメニューから「ライブアップデートを実行する」をクリックすると、更新の確認及びダウンロード、インストールが行われます。

お気軽にお問い合わせください TEL コンタクトフォームにてご連絡ください 受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © INJANET株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.