セキュリティリスク分析

オフィス用ソフトウェア更新講座

日本全国の企業で使用されているソフトウェアは多岐に渡りますが、当ページでは普及率が高い為に脆弱性が発見されると攻撃されやすいMicrosoft Office製品、Adobe Acrobat及びAdobe Photoshopの手動での更新方法について解説します。

Office製品の更新方法

  1. Office製品に含まれるソフトウェアを起動します(WordやExcel等)。今回は例としてWordを起動しています。
  2. ホーム画面の左メニュー下部にある「アカウント」項目をクリックします。

  3. 「ユーザー情報」と「製品情報」が表示されるので、「製品情報」の中の「更新オプション」をクリックします。

  4. 「今すぐ更新」をクリックすると、自動的にOffice製品すべての更新が確認され実行されます。

Adobe Acrobat Reader

  1. Adobe Acrobat Readerを起動し、上メニュー「ヘルプ」から「アップデートの有無をチェック」をクリックします。

  2. 更新が必要な場合、表示されたメッセージの「ダウンロード」ボタンをクリックします。
  3. 必要に応じてAcrobat Readerの再起動を促すメッセージが表示されますので、「再起動」ボタンをクリックします。
  4. 更新終了メッセージが表示され、Acrobat Readerの更新が完了します。

Adobe photoshop(Lightroom)

  1. Adobe Creative Cloudを起動し、「アプリケーション」タブの「アップデート」をクリックします。

  2. 画面上部のメニューから「アップデートを確認する」をクリックします。

  3. 利用可能なアップデートが表示されるので、「アップデート」をクリックします。

お気軽にお問い合わせください TEL コンタクトフォームにてご連絡ください 受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © INJANET株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.